矢口3丁目の新しい特養


 

10月2日の健康福祉委員会で、「さくらのみち紫苑」という新しい特養ホームを視察しました。まるでホテルのような、30床とショートステイ6床の特養です。いままでの特養とは、雰囲気が違います。3人の方がリビングのような広間で、車いすに座っておられましたが、見学する人への関心は払われないようでした。まだ施設へのなじみが少ないのかな、と思いました。ユニット型の個室ですから、多床室とは利用料が違いますが、それでも特養です。有料老人ホームとは違いますので、区民の介護生活を支援するものです。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。