おとしより応援手当条例を提出


日本共産党区議団は、介護保険導入の前まで、出されていた東京都の「老人福祉手当(寝たきり手当)」にならい、要介護3~5の在宅の高齢者、家族に月額2万円の応援手当を出す条例を提案しました。この条例の賛成討論を掲載しますので、ご覧ください。

2017.9.29 議員提出第5号議案大田区おとしより介護応援手当条例賛成討論

金子悦子

私は、日本共産党区議団を代表して、ただいま上程されました、議員提出第5号議案 大田区おとしより介護応援手当条例に賛成する討論を行います。この条例は区内に住む、要介護認定等にかかる介護認定審査会による審査及び判定に関する省令第1条第1項第3号に規定する要介護3、同4項に規定する要介護4又は同項5号に規定する要介護5と認定され、かつ、現に引き続き寝たきり又は認知症の状態にある人に手当を支給するものです。対象者は2017年6月現在、特養などに入れない、居宅介護サービスを受けている要介護3から5の在宅の人9151人です。区外も含めて特養入所者は3073人しかいません。要介護の1,2の人も含め、定員数位の人が待機していますので、入所者の3倍いる在宅介護の人を応援するものです。

討論の中で、要介護高齢者と家族には支援が必要だと思うが、現金給付の手当ではなく、特養ホームの増設や、他の方法で支援をすべきであるという意見が出されましたので、一言申し上げます。

第6期の介護保険事業計画で、在宅での介護は、家族も巻き込んで深刻になっています。同居していた息子さんが他県に転勤したため、老老介護はできないと、自宅をやむなく売却して有料老人ホームに夫婦で入った例もあります。利用料が2割になった人は、デイサービスを週3回から2回に減らしました。大田区職員の2016年度中の定年を含む退職者233人のうち12人が介護を離職理由にしていて、介護離職は深刻です。

今後地域包括ケアシステムの構築が進むほど、病院や老人施設からの追い出しが進み、在宅へと高齢者、家族が追いやられます。せめて在宅で介護サービスを受けている高齢者、介護している家族に介護応援手当で負担軽減を図ることは、介護基盤の十分でない大田区ができる支援ではないでしょうか。

1999年まで支給されていた東京都の老人福祉手当と、老人福祉手当が出るまでの間に大田区が区独自に支給していた高齢者特別福祉手当が、在宅介護を支える重要な役割を果たしていました。大田区として、負担軽減のおとしより介護応援手当の創設を強く求め、賛成討論とします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ホームドア工事は急いで!


東急線の大岡山駅、多摩川駅にホームドアが付くことになりました。すぐには出来上がりませんが、京浜急行線でも未設置の駅に急いで付けるようにすべきなのです。多摩川駅では、車いすの女性が斜面ホームから落下する事故がありました。特に事故のあった駅ホームは一日も早く設置すべきです。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

中央防波堤の帰属について


1029日に、中央防波堤の内側外側の帰属に関する東京都自治紛争処理委員による調停案について、大田区議会は全会一致で、受託しないことを議決しました。日本共産党大田区議団も賛成しています。あの中央防波堤の区域は、江戸中期から1963年に漁業権を放棄するまで、大田区民が海苔ひびを立てて、ノリ養殖業を行っていた場所です。この場所は、海面の特定される場所であり、明治の書面で羽田や糀谷などの区長が確認しています。今回の調停案は、この歴史的な経過を重視せず、かつ水際線を現在の位置としているために、埋め立てをしている江東区が際限なく大田区に近づくという、あり得ない状況になります。

 海苔業がどこで行われていたのか、知らない区民も多くなっています。東京オリンピックの頃のことですから、これを区民に伝えることは、大切なことです。大森東、南の漁師の方々に多く胃がんの方がみられ、なぜかと大田病院の故色部院長が調べたら、ノリをとるために時間を争い、大きいおにぎりをかまずに食べるような過酷な労働が関係あったのでは、ということが語られています。

 今後は、訴訟により、問題解決して行くことになりますが、日本共産党区議団は、その際司法の場でも、江東区と大田区では話し合いを求めていきます。意見書をお読みいただくと、経緯がよくわかります。ぜひご覧ください。

東京湾内中央防波堤埋立地に関する行政上の帰属及び境界に関する意見書

カテゴリー: 未分類 | コメントする

多摩川河川敷は?


台風21号により、堤防すれすれまで多摩川に出水しました。ニュースで救助される映像が出ましたので、多くの人が見られたことと思います。河川敷に、川の水が入らないように出来ないかという意見が区政報告会で出されましたが、堤防まで、水を貯めることで洪水を防いでいます。河川敷は川の一部であり、運動場などは水につかることを想定して、流木などが止まらないように、ネットやトイレなどは取り外すようにしてあります。しかし、この大水で復旧のための補正予算を約5億円、1022日投開票の総選挙と合わせて、約3億円を臨時議会で議決しました。(10月30日)

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

矢口3丁目の新しい特養


 

10月2日の健康福祉委員会で、「さくらのみち紫苑」という新しい特養ホームを視察しました。まるでホテルのような、30床とショートステイ6床の特養です。いままでの特養とは、雰囲気が違います。3人の方がリビングのような広間で、車いすに座っておられましたが、見学する人への関心は払われないようでした。まだ施設へのなじみが少ないのかな、と思いました。ユニット型の個室ですから、多床室とは利用料が違いますが、それでも特養です。有料老人ホームとは違いますので、区民の介護生活を支援するものです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

仲六郷いこいの家のお楽しみ会


9月18日、この日は朝からいこいの家は大賑わい!昼休みを挟んで50組もの人が入れ代わり立ち代わり、日ごろののど自慢や、踊りを楽しそうに披露していました。台風の心配もなくなって、よかったです。会場に入ってご挨拶しました。写真を撮るのは、ちょっと遠慮しましたが、みんなが主役になるお楽しみ会といこいの家を存続させることがいよいよ大切になっています。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

仲六郷小学校60周年


9月16日に、仲六郷小学校60周年記念パレードが、小学校在校生や卒業生,PTA、町会関係者、区議会議員などが参加して行われました。こういう祝賀行事だと、PTA主催で、子どもたちの参加する式典の後、大人だけで宴会になることが多いですが、地域の人にアピールするためには、神社のお祭りのように、パレードをしようという子どもたちの声があって、決まったのだそうです。時々雨がぱらつき心配でしたが、パレードの時はピタッとあがりました。行進しているとき、町内の人が顔を出して「仲六小60周年です」と声をかけると、「おめでとうございます!」と私までいわれて、恐縮しました。「小山先生、お元気ですか?」と聞く高齢の女性の方があり、学校関係者の人につなぐと、「去年転勤されました」とのこと。「孫がさんざんお世話になったんです」。私も、安否を気にしていた方に、パレードの途中でお会いできて、安心しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

東急バスの増便は?本社と池上営業所に聞きました


地域を回っていたら、このところ西六郷を走る東急バスが大変混んでいる。増便できないのかというお話を、2人の方からいただきました。確かに雨の日にバスに乗り合わせると、混んでいると思う場面がありました。9月5日に、東急バス本社と池上営業所に、お尋ねをしました。池上営業所では、2か月前にポイントを決めて、乗降客調査をしたということです。その時は、あまり変化がないということで、特に対応しなかったということでした。やはり、3丁目のグリコ跡地マンションができてから乗降客は増えている、ということです。増便をしないのか聞きましたところ、池上営業所単位では何とも返事はできません、ということでした。次に本社に聞きましたら、営業所は増便の話はないということでした。六郷線(六郷土手ー蒲田駅間)のバスは6台で運行している。8月は雨の日が多く、乗客は多かったのではないか、しばらく様子を見る、しかしそういうお話があったということは考慮します、ということでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

来年4月の開園予定保育園


仲六郷2丁目に認可保育園が開設します。定員も載せてありますので、ご覧下さい。どちらも、ゼロ歳児保育はなくて1歳児からの保育となります。

西六郷3丁目に10月から開設予定の保育園は、保育士が予定通り集まらず、定員を減らして始まることになりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

やっとホームドアができます!


せっかく作るのに、大喜びしたら、なんと工事期間は今年7月から31年4月まで、となっていますので、再来年までかかるのでしょうか?こんなに時間がかかるものか、と疑問です。首都圏の鉄道では毎日人身事故が起きています。1日も早くホームドアを!

あと、大森駅と京急蒲田駅にホームドアは作られる予定です。

京急の雑色駅や、六郷土手駅は、快特などが通過するために、しかもあまりスピードも緩めないで構内に入ってくるので、大変危険です。交通臨海部活性化特別委員会で、改めてこのホームドアについて要望しておきました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする