12月11日原発ゼロ行動


雑色駅前の原発ゼロの行動は、秘密保護法が強行採決されたときに、政府は原発による発電を勘定に入れて、実質的に原発ゼロを見直すことにしてしまいました。再生可能エネルギーへの転換を急ぎ、原発は廃炉にすることが、国民の願いです。秘密保護法は撤廃を、原発はゼロに、と訴え、10名で元気よく秘密保護法撤廃署名行動を行いました。署名は23人から寄せられました。「戦争になるのかしら、本当に心配」「今後どうなっちゃうのか」などの声があり、中学生が「署名させてください」と走り寄って署名しました。「もう共産党しかないよ」と、激励をされました。P1000494

P1000499

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。