宮前跨線橋(仲六郷3丁目~西六郷2丁目)を改修します


鋼(はがね)部材のさび等が著しく進行している、宮前跨線(こせん)人道橋を今年3月から11月下旬に、塗装塗り替え、階段取り替え、落橋防止装置設置等の工事を行います。委託者は、大田区都市基盤部 建設工事課で、施工者は東鉄工業株式会社です。鉄道のこ線橋は、道路管理者の区がおこないます。JRが本来実施するものではないでしょうか。工事は夜間の電車が通らない時間の3時間ほどの時間で行われますので、8か月かかります。大田区は、こ線橋工事を3か所同時に発注して4億円かかります。
金子議員の話
安全は当然ですが、自治体に負担させることは本旨に反するものではないかと思います。国鉄からJRになって、何が問題かというと、今までは当然国が行っていた工事を自治体に押し付け、寄付させるということが起きています。結局区民の税金が使われて、福祉の予算を削ることになるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。