12月の扉


おおたフェスタのシーン。韓国の舞踊を踊ります。(11月4日)外国の人との交流も増えたように思います。

金澤翔子さんの揮ごうを近くで見ました(12月3日)。9月には展覧会にも行きました。

交通臨海部活性化特別委員会に、京急平和島駅前から、平和島口までの歩道を自転車駐輪禁止区域にするよう求める陳情が出されました。禁止区域でなければ、自転車は2週間後にその場所にある場合に、保管所に運ばれます。常に自転車がおいてあり、片付かない状況です。しかし、この陳情は不採択となりました。日本共産党区議団は採択すべきと主張しました。

今年のささやかな成果

我が家のプランターで実ったサツマイモです。

8本の苗から2本の菊が咲きました。来年はもっと咲かせられるように頑張ります。

ところで、なぜ12月の扉なのでしょう?札幌の女性作家の小説に11月の扉という14歳の少女爽子ちゃんを主人公にした作品がありました。11月は何か新しいことを始めるのにいい季節なのだそうです。そこで遅ればせに、いつもと違う12月に、という思いを込めてこのテーマにしました。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。