オスプレイの横田配備検討を撤回せよ!


羽田空港を抱える大田区としては、横田空域のかかわりで、飛行機の高度を決められていた関係で、(現在少し変わっています)なにかと影響がありますが、一番の問題は、何かあった時に、羽田に米軍機・オスプレイが来ることです。米軍機がちょいちょい来るわけではありませんが、時折羽田に飛来しています。天候などの影響があってくるとなれば、あぶないオスプレイがいっそう問題になります。しかもオスプレイは、空軍仕様(CV22)と海兵隊仕様(MV22)の2種類があり、横田配備の予定は空軍仕様のCV22になりそうです。事故率はCV22の方が高いので、ますます大問題です。共産党区議団は、大田区からも、配備検討を撤回するよう、区長に申し入れをしました。遠藤副区長が対応しました。(2013年8月15日)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。